東京鶴翔同窓会

みんなで作ろう「庄内語辞典」


ID:

PW:


東京鶴翔同窓会とは
トップ  >  東京鶴翔同窓会について  >  東京鶴翔同窓会会則
東京鶴翔同窓会会則

 

 

平成12年6月17日 改正

第1章 総   則


 

 

第1条 

この会は東京鶴翔同窓会といい、事務局を東京都内に置き、山形県立鶴岡南高等校及びその前身校(以下、「母校」と称する。)の卒業者、修了者及び在籍者並びに関係者の中、東京及びその近県に在する者を以て構成する。

第2条

 この会は会員相互間の連絡親睦を図り、母校並びに同窓会本部との連絡を密にし、併せて母校の後援に任ずることを目的とする。

 

第3条
   この会の会員は、通常会員(母校の卒業者、修了者及び在籍者)と特別会員(母校の教員、職員及びこの会の趣旨に賛同する者)の2種類とする。


第2章 事   業

 

第4条
   この会はその目的を達成するため、次の事業を行う。
1.親睦会の開催
1.会報の刊行頒布
1.必要に応じて会員名簿の刊行頒布
1.その他の事項


第3章 役員および顧問

 

第5条

   この会に次の役員を置き、その任期を2ヵ年とする。但し、重任を妨げない。
1.会長 1名
1.副会長 若干名
1.年度幹事 各卒業年度から1~数名
1.会計監事 若干名
このほか、会長の委嘱により顧問 若干名を置くことができる。
なお、副会長の任期については、委嘱した会長の就任期間に準ずる。
第6条
   役員の任務は、次のとおりとする。
1.会長は、会務を総理し、この会を代表する。
1.副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときは之を代理する。
また、会長が指名した一名は、事務局とともに会員名簿の管理に当たる。
1.年度幹事は、各卒業年度を代表し、会務の運営に参画する。
1.会計監事は、この会の会計及び事業執行の状況を監査し、その結果について意見を述べる。
1.顧問は、会長の諮問に応ずるものとし、また随時適当な助言をこの会に提言する。
第7条
   会長及び会計監事は、通常会員の中から、総会において選任する。副会長及び年度幹事は、会長が之を委嘱する。


第4章 事 務 局 

 

第8条

    この会に事務局を置く。
1.事務局の構成は、事務局長及び事務局次長並びに事務局員とし、会長が委嘱する。


第5章 会   議

 

第9条 

    この会を運営するために、次の会議を設ける。
1.総会(会員全員により構成)
1・役員会(会長、副会長及び会計監事並びに事務局員により構成)
1.年度幹事会(役員及び年度幹事により構成)
第10条
   総会は、会長が招集して開催する。
定時総会は、毎年一回、親睦会として併せて開催し、会務及び前年度の決算、新年度の予算の報告並びに役員の選任及び委嘱、その他重要事項の協議を行う。役員会及び年度幹事会は、必要に応じて、会長が之を召集する。
第11条
   1.定時総会及び親睦会の開催について次のように定める。
1. 定時総会及び親睦会は、卒業年度の一の位の同じ通常会員が委員会を組織して開催する。
1.会長は、事務引継ぎのために、新旧年度の実行委員会を招集する。また、事務引継ぎ終了後は開催の一切を新年度実行委員会に一任する。
1.定時総会及び親睦会の開催経費については、原則として総会会費、会報の広告費収入及びお祝い金を以て充てる。但し、これらの収入で不足が生じた場合は、一般会計からの補填金などを以て充てる。
1.開催経費は、会報の刊行に係る諸経費、会場費及び飲食費、実行委員会開催費など、準備開始から終了までの諸経費とする。
1.開催通知は、事務局において行う。
1.実行委員会は、必要に応じて、事務局と連携して開催準備に当たるものとする。


第6章 会   計

 

第12条

   この会の経費は、会費及び寄付金その他によるものとし、会費は維持会費の一種類とし、その納付は、通常会員に限るものとする。
第13条
   この会の会計年度は、毎年1月1日に始まり、12月31日に終わる。


第7章 その他 

 

第14条

   この会に、次の簿冊を備え付ける。
1.会員名簿
2.役員名簿
3.会計簿
4.会議録
5.その他必要な簿冊
第15条
   この会則の変更は、総会の議決によらなければならない。


付  則

 

第1条

   1.この会則は、昭和46年度から施行。
2.この会則は、昭和58年度に一部改正。
3.この会則は、平成12年度に一部改正。
第2条
   事務局は、当分の間次に置く。
東京都千代田区内神田2-16-9 荘内銀行東京支店内
郵便番号 101-0047 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:40 平均点:5.25
前
平成25年度東京鶴翔同窓会役員および年度幹事
カテゴリートップ
東京鶴翔同窓会について