東京鶴翔同窓会

みんなで作ろう「庄内語辞典」


ID:

PW:


東京鶴翔同窓会とは
トップ  >  東京鶴翔同窓会について  >  東京鶴翔同窓会の概要と入会のご案内
東京鶴翔同窓会の概要と入会のご案内

 


東京鶴翔同窓会の概要



 東京鶴翔同窓会は、東京およびその近県に在住する、山形県立鶴岡南高等学校およびその前身校の卒業者、修了者、在籍者並びに関係者で構成されており、会員相互の親睦を図ると同時に、母校の後援に任じることを目的としています。
会員は、通常会員(母校の卒業者、修了者および在籍者)と特別会員(母校の教員、職員およびこの会の趣旨に賛同される方)からなり、会の目的を達成するために、年1回の総会(親睦会)や会報の刊行頒布などを行っています。
さらに、平成14年4月には、逸早く公式のホームページを立ち上げ、東京鶴翔同窓会会員だけでなく、母校ならびに同窓会本部との交流をより深めてきました。
会の運営等詳しくは
「東京鶴翔同窓会会則」をご覧ください。

 


▲第32回総会(2002年6月)の様子

▲第41回総会(2011年6月)の様子

 

 

入会について



  本部名簿に記載されている、母校の卒業者、修了者、および在籍者で、東京およびその近県に在住する方を、自動的に東京鶴翔同窓会の会員として扱わせていただいております。したがって、特に入会の手続きは必要ありません。
ただし、母校卒業後10年目ぐらいまでは、移動が激しく、学生の場合は名簿に父母の住所が記載されていることなどから、会報の発送は卒業後11年目以降の会員に限らせていただいております。
該当者なのに会報が届かない方、対象地区以外の在住者で入会を希望する方、および卒業後11年未満の会員で会報の発送を希望する方については、申し出があれば、喜んで対応しております。
なお、会の維持費として、年会費(一口1,000円以上/平成14年現在)を納付していただきます。会報に同封されている振込用紙をご利用いただくか、総会(親睦会)出席時にご持参ください。

 

   

 
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:46 平均点:5.87
カテゴリートップ
東京鶴翔同窓会について
次
平成25年度東京鶴翔同窓会役員および年度幹事