東京鶴翔同窓会

みんなで作ろう「庄内語辞典」


ID:

PW:


東京鶴翔同窓会とは
トップ  >  同窓生の寄稿  >  東京鶴翔同窓会創立の頃|元顧問:(故)中村 信雄(51回)様

東京鶴翔同窓会創立の頃|初代事務局長・元顧問:中村 信雄(51回)※2012年12月ご逝去



 

 事務局長の地主忠夫氏より電話があって、創立当時のことを書くようにとのこと。
東京鶴翔同窓会創立のことに触れて書いたことあったのは、会報14号(昭和59年)に「設立当時、走り使いした者の一人」として「語り継がん、この集いを」と、匿名で寄稿した中に「東京鶴翔同窓会は自然発生的に誕生したと言えよう」と書いたことだった。
当時、鶴岡北高の同窓会、如松会東京支部は盛んに活動していたし、鶴岡工業高校の同窓会関東支部も、5年に一度、盛大な同窓会を開催していて、我が南高校だけが東京に何も無いのは不自然でもあった。昭和43年に本部同窓会長に推されて就任された平田貢氏が「東京に同窓会ができるんであれば……」という半ば条件付であったことにも、慫慂され、刺激を受けたことであった。
当時、住居表示が、めまぐるしく変わったりして、同窓生の中から配偶者を考えたい人がいても、名簿が不整備で、不便極まりないものであったことも事実である。
有志が何度か集まり、手分けして各年次の名簿を作成して、昭和46年5月12日、最終設立準備会(出席者28名。当時の南高校長42回生の小松佳雄氏、本部同窓会の事務局長、33回生の佐藤義三郎氏も上京して出席)を経て、同年10月8日、千代田区大手町野村ビルの永楽クラブで、二百人以上の出席者を得て、創立総会並びに懇親会を開催した次第。来賓として恩師の先生4人、伊藤太一郎氏、吉田義信、菊池安郎、吉野正彦の諸先生、鶴岡より11人、本部同窓会長平田貢氏、副会長犬塚又太郎氏(31回生)同山口卓二氏(49回生)校長小松佳雄氏、鶴岡市長臼井重麿氏(39回生)本部諸役員の旅河孫六氏(24回生)ギッチャこと佐藤義三郎氏、酒井忠明氏(43回生)門野文雄先生、宮本正勇氏(30回生)安藤定助氏(43回生)などであった。
同窓会東京支部としないで、単に南高校東京同窓会(後に東京鶴翔同窓会)としたのは、本部同窓会長平田貢氏の強っての御希望であった。平田貢氏が26回生で、東京の初代会長田倉八郎氏が23回生の先輩であるので、平田本部会長、田倉東京支部長という形は失礼に当たると考えられたものと思われた。
創立総会終わって、田倉八郎会長が、あちこちに挨拶状(10月23日付)を送られたが、その文章の中に「同窓生の親睦を計ることは、無限のエネルギー源にもなると考えられます。母校の発展と郷里の繁栄に寄与できるように本会を成長させてゆきたいものと念願いたします。」と書かれたが、同窓会の本質的なものであると思う。(2002年4月15日)

 

※このごあいさつは、2002年、ホームページ開設時に寄せられたものです。
 


 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:45 平均点:5.56
前
ホームページ開設に当たって|元東京鶴翔同窓会会長:(故)桜井 文子<63回>様
カテゴリートップ
同窓生の寄稿