東京鶴翔同窓会

みんなで作ろう「庄内語辞典」


ID:

PW:


東京鶴翔同窓会とは
トップ  >  母校について  >  歴代の校歌・寮歌


鶴岡南高校校歌

     山宮 允 作詞
     山田耕筰 作曲

1. 山河の姿うるわしく
 北海波濤雄偉なる
 ここ荘内に若人を
 つどへて立てるわが学舎
 叡智の殿堂 鶴岡高校
 その名よ恒に光あれ

2. 古きを温(たず)ね新しき
 啓示(さとし)をもとめ人世(ひとのよ)の
 正しき道を拓くべし
 われらの生命(いのち)磨くべし
 理想の道場 鶴岡高校
 その名よ永久に栄えあれ

3. わが友いざやもろ共に
 学問(まなび)の業にいそしみて
 良知をすすめ徳を得ん
 あらた世われら導かん
 希望の学園 鶴岡高校
 その名よ代々に誉あれ



荘内中学校之歌

     萱間保蔵 作詞
     奥 好義 作曲

1. 鳥海月山雲を抜き 最上の流矢と走る
 日本海を西に帯ひ 内にひらける別天地
 されと床しき教育は 夙に此地に行われ
 あまた学舎ある中に 頭角顕はす中学校

2. 看よ荘内の萃をぬき 精華集むる学舎に
 鶴章つくる六百の 青年望はいと高し
 面も大器は晩成す わか行先幾千里
 道草やくふ競ふ駒 鞭をも待たて進むなり

3. けにや普通高等の 学殖あらて何かせん
 五つの星霜たゆみなく 唯た汲々とたとり行く
 末は蛛手に分かるとも 今は心を爰に据ゑ
 知徳体の三育を 均しく身にそ受くるなる

4. 名に負う荘内快男子 元気は何そ大和魂
 樸直質素は其習ひ 武勇の誉世に高し
 祖先の美風墜とすなく 浮薄の俗に従はす
 進み行く世に伴ひて 共に進取を図らまし

5. いてや同窓の輩よ 礼譲信愛これまもり
 互に切磋琢磨して 校風揚くる勉むへし
 ことに紀律を重んして 我中学の体面を
 保つは我等か務そも 務はかかりて肩にあり

6. 勅語を経に学舎の 則を緯とし織り出す
 機は色々あやにしき 染むる模様は日本的
 最上の流月のやま 出羽のふしを形とりて
 校名高く掲けなん 校風長く伝へなん



鶴岡中学校校歌

     板橋 操 作詞
     田村虎蔵 作曲

1. 鳳嶺月峯雲に入り
 藻水遠く海に行く
 山河の眺雄偉なる
 ここ荘内の大平野
 地霊人傑たのもしき
 元気に活くる吾が健児

2. 鶴城甍空しくて
 旧濠水はあせたれど
 蒼穹摩する老杉の
 翠色今も鮮やかに
 振ふ剛健質実の
 千秋の意気君見ずや

3. 行手はるけき学びの海
 大涛怒り狂ふとき
 心の力ためしてむ
 不撓の腕に引き絞る
 進取のさつ矢高鳴れば
 理想燦たり北斗星


鶴岡中学校第二校歌

     菊池安郎 作詞
     奥村卓次 作曲

1. 鳳嶺雪のむら消えて 囁き初むる赤川や
 光に満つる大平野 風に色あり遠霞
 春ここもとに青春の 時空を貫くか吾が理想

2. 古城のしじま春たけて 汚れも見えずりょうらんと
 さきつぐ花は杜若 蓮の朝匂うとき
 雅懐に生きて研鑚の 鶴翼ここに吾が健児

3. 遠く最上の水澄みて 白露にぬるる美穂(うましね)や
 山碧落のたたずまひ 謙虚ゆるがぬ其の姿 
 心に映し鍛へゆく 興亜の力世に問はむ

4. 寒風吼ゆる老杉や 天日暗く鳴りやまず
 狂瀾騒ぐ明け暮れを 内なるものに培ひて
 すめらみくにの道はるか 創造一路いざゆかむ


荘内中学校寄宿舎
鳴鶴寮歌

1. 朝に仰ぐ鳥海の
 山は銀蛇の雲を呼び
 夕にのぞむ赤川の
 波は金流ただよわす
 高き姿と清きかげ
 吾等が理想示すなり

2. 湧きて涸れざる勇気もて
 鉄脚きそうフットボール
 至誠自らあざむかぬ
 徳こそ磨け自由店
 この徳この気つなぎゆく
 鳴鶴寮に命あり
 

 

 

 


 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:82 平均点:4.63
カテゴリートップ
母校について